2016最新の動画ダウンロードソフト

MacX YouTube Downloaderの使い方

公式サイトはこちら  MacX YouTube Downloader

 

 

今回はMacX YouTube Downloaderをご紹介しましょう。動画ダウンロードソフトの中でも定評があり、ユーザーも多いソフトです。

 

 

無料版と有料版

 

MacX YouTube Downloaderには無料版を使うことができます。無料版は動画のダウンロードのみになります。他の機能はありません。ただ、MacX YouTube Downloader自慢の素早いダウンロードが体験できるので、それは大きなメリットになるでしょう。

 

無料ダウンロードソフトならCraving ExplorerやVideo DownloadHelperなどが有名ですが、実際にダウンロードさせてみると長い動画は時間がかかります。ほとんど無料ソフトでは速いダウンロードはできないと思います。無料なので使ってみる価値はありますね。

 

対応サイトは300ほどあります。十分といえる数じゃないでしょうか。ニコニコ動画やFC2動画もカバーしています。

 

 

有料版は2種類あります。プレミアムPro版(5900円)と、オールインワンセット(13400円)です。

 

プレミアムPro版では動画形式変換ができるようになり、落とした動画の活用の幅が広がるでしょう。例えばWMVやMOV、MP4などいつも自分が使っている慣れた動画形式で保存することができます。
またスマートフォンへの転送ができるので、パソコンで落とした動画を容易にモバイル端末へ送ることができます。
さらに動画編集機能もつきます。

 

オールインワンセットでは、DVDビデオのデータをAVIなどに変換してパソコンに保存することができます。今まで録った動画を、レコーダーではなくパソコンに保存していつでも見ることができます。DVDディスクを毎回入れて再生するというのは手間ですから、パソコンに入れてダブルクリックで再生ができれば便利ですね。

 

 

 

ダウンロードの仕方

 

MacX YouTube Downloaderは動画のアドレスを貼り付けてダウンロードだけです。特に難しい操作ではないでしょう。ダウンロードしたらすぐに再生ができますし、気の利いた操作性になっています。

 

 

設定

 

MacX YouTube Downloaderの設定画面では、ダウンロードした動画をどのフォルダに入れておくか指定ができます。CPUコア数は4まで選択できます。ご自分のパソコンのCPUに合わせて数を入れてください。これで高速ダウンロードができるようになります。

 

 

プレーヤー付き

 

MacX YouTube Downloaderはプレーヤーソフトも内蔵されているため、動画形式が合わなくてWindows Media Playerで再生できなかった動画でも、MacX YouTube Downloaderのプレーヤーで再生できます。

 

 

 

 

 

 

>>他の動画ダウンロードソフトはこちらから